先生

簡単にできるからといって

ドクター

あなたに合ったやり方を

皆さんはボトックス効果という言葉をご存知でしょうか。ボトックス効果とは、注射器などで筋肉にその成分を打ち込むと筋肉が小さくなる作用のことをいいます。近年では小顔形成という美容分野で活躍している比較的新しい方法です。誰にでもできる簡単な小顔形成方法ということで非常な人気のこのボトックス注射。今回はそのボトックス効果についていくらかご紹介しましょう。このボトックス効果が活躍する場面の一つに小顔形成があります。顔が大きく見えてしまう原因に筋肉の大きさがある場合にこのやり方はとても効果的なのです。このボトックス効果、簡単に言えば筋肉を小さくするものというのは先に述べました。もともとは医療用に使われていたものが転じて美容形成にまで使われるようになったのです。誰にでも簡単にできるということ、それから費用も安く抑えられること、これらがこのやり方の人気の一番の理由でしょう。皆さんの中にもこれからこの方法で美しくなろうという方も少なくないはずです。では次にこのボトックス効果における「気を付けること」についてお話しします。まずは副作用についてです。この方法で考えられる副作用とは主に顔面変形です。このボトックス注射というのは顔に打ち込むことが多いためこのような副作用が現れます。理由は、簡単に言えばボトックスの過剰投与でしょう。瞼が垂れ下がってしまった、違和感がずっと残ったまま、というような症状が現れるのです。この副作用に対する対策とはひとつといっても過言ではありません。それはずばり「信頼のいける医療機関にかかる」ということです。この治療法で起こりうる失敗の主たる原因には医師の技量が考えられます。先に述べたような副作用に対する不安を相談したうえで親身に、なおかつ安心できるやり方を選んでくれる医師が必要なのです。効果が出ないからといって何度も打ち込んでしまうような事態があってはいけません。顔が大きく見えてしまう原因がほかにあるのに、です。自分にとって効果的なやり方というのは人それぞれ異なります。それをよく理解した上でボトックス効果に期待しましょう。